簡単なフォームから始める

1ページ目で数,2ページ目で色を入力するように指示し,その入力された値を返すフォームを作る.FormFunctionの第1引数はページのリストであり,それぞれのページはコントロールのリストである:

Out[1]=

フォームをWolfram Cloudに配備する

CloudDeployを使って,FormFunctionをWolfram Cloudに配備する.Permissions->"Public"と指定して誰でもアクセスできるようにする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

フォームを使う

CloudObject出力のリンクをクリックしてフォームを使う.フォームの関数は,それぞれのフォームの値と入力された値を与える連想に適用される:

1つのページの値が別のページの値に従属するようにする

フォームを変更して,1ページ目で色の数を入力するように指示し,2ページ目でそれぞれの色に対して1つの入力フィールドがあるフォームにする.色のリストを返す:

Out[3]=

更新されたフォームを配備する

CloudDeployを使って,FormFunctionをWolfram Cloudに配備する.Permissions->"Public"と指定して誰でもアクセスできるようにする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

更新されたフォームを使う

CloudObject出力のリンクをクリックして,フォームを使ってみる: