Wolfram Computation Meets Knowledge

Encode

Encode["source","dest"]

ファイル source を符号化したものをファイル dest に書き出す.

<<dest

ファイルの内容を読み出す前に解読する.

Encode["source","dest","key"]

Get["dest","key"]を使用しないと読み込むことができないように符号化したファイルを作成する.

詳細とオプション

  • 符号化されたファイルは印字可能なASCII文字だけからなる.これらは,Getが認識する特殊な列で始まる.
  • 特定のコンピュータシステムでは,Encode["source","dest",MachineID->"ID"]は,特定の$MachineIDを持つコンピュータだけが読み込むことのできる符号化されたファイルを作成するのに使用できる.
  • Wolfram言語には,符号化されたファイルをもとの形式に変換するための機能は組み込まれていない.
  • File["name"]を使ってファイル名を指定することができる.

例題

  (1)

一時的収納場所として使えるファイルの名前を設定する:

パッケージファイルCollatz.mを符号化(Encode)し,結果を一時ファイルに入れる:

このファイルは視覚的には読めない:

Getを使ってこのファイルをデコードしロードする:

次でCollatzパッケージの定義をロードした:

Wolfram Research (1991), Encode, Wolfram言語関数, https://reference.wolfram.com/language/ref/Encode.html (2016年に更新).

テキスト

Wolfram Research (1991), Encode, Wolfram言語関数, https://reference.wolfram.com/language/ref/Encode.html (2016年に更新).

CMS

Wolfram Language. 1991. "Encode." Wolfram Language & System Documentation Center. Wolfram Research. Last Modified 2016. https://reference.wolfram.com/language/ref/Encode.html.

APA

Wolfram Language. (1991). Encode. Wolfram Language & System Documentation Center. Retrieved from https://reference.wolfram.com/language/ref/Encode.html

BibTeX

@misc{reference.wolfram_2022_encode, author="Wolfram Research", title="{Encode}", year="2016", howpublished="\url{https://reference.wolfram.com/language/ref/Encode.html}", note=[Accessed: 21-January-2022 ]}

BibLaTeX

@online{reference.wolfram_2022_encode, organization={Wolfram Research}, title={Encode}, year={2016}, url={https://reference.wolfram.com/language/ref/Encode.html}, note=[Accessed: 21-January-2022 ]}