Wolfram言語のフォームは,スライダー,チェックボックス,ファイルブラウザ,ラジオボタン,カスタムコントロール等,数多くの種類のコントロールをサポートする.

基本のフォームを配備する

指定された場所の地図を返すフォームを配備する.パラメータタイプLocationがデフォルトでInputFieldコントロールを与える:

スライダーを加える

地図の範囲を指定するスライダーを加える.スライダーの範囲を1から4000までの整数ステップとする:

メニューを加える

地図のスタイルを選べるようにする.FormFunctionは,選択肢に対して自動的にドロップダウンメニューを選ぶ:

メニューをラジオボタンバーに変更する

明示的にRadioButtonBarコントロールを指定して,デフォルトの地図のスタイルコントロールをオーバーライドする:

コントロールをカスタマイズする

場所のコントロールをカスタムコントロールで置き換える.この例では,デフォルトよりも小さなサイズの InputFieldで置き換える.カスタムコントールは,2つの引数(コントロールの値とインタープリタ)を取る関数によって指定される: