Max

Max[x1,x2,]

xiのうち,その数値が最大であるものを返す.

Max[{x1,x2,},{y1,},]

すべてのリストの要素から最大のものを返す.

詳細

  • Maxは,与えられた引数が実数のときに限って,確定した結果を返す.
  • その他の場合,Maxは簡約化を実行する.
  • Max[]-Infinityを与える.
  • MaxSparseArrayオブジェクトに作用する.
  • MaxIntervalオブジェクトおよびCenteredIntervalオブジェクトに使うことができる. »

例題

すべて開くすべて閉じる

  (3)

2つの数のうちの大きい方:

リスト中で最大のもの:

実数の部分集合上でプロットする:

スコープ  (27)

数値評価  (5)

数値的に評価する:

高精度で評価する:

出力精度は入力精度に従う:

高精度で効率的に評価する:

行列のすべての要素の最大のもの:

すべての行の最大のもの:

すべての列の最大のもの:

Maxは,Intervalオブジェクトに対してはすべての区間の最大要素を与える:

Max[Δ1,Δ2]は,CenteredIntervalオブジェクトに対して,任意の aiΔiについてMax[a1,a2]を含む区間を返す:

特定の値  (5)

固定点におけるMaxの値:

無限大における値:

記号的に評価する:

方程式と不等式を解く:

Max[{Sin[x],Cos[x]}]1となるような x の値を求める:

可視化  (3)

いくつかの関数のMaxをプロットする:

Maxを三次元でプロットする:

2つの関数のMaxを三次元でプロットする:

関数の特性  (9)

Maxは実数値の入力についてのみ定義される:

Maxの値域はすべての実数である:

Maxは,事実上,すべてのリストを平坦化する:

基本的な記号的簡約は自動的に行われる:

簡約はSimplifyを使って行うこともできる:

引数が複数のMaxは,一般に,解析関数ではない:

関数が交差するところに特異点を持つが,連続である:

Maxはその引数によって単調性をもつことがある:

は全射ではない:

Maxは引数によって任意の符号を持つ:

微分と積分  (5)

x についての一次導関数:

x についての高次導関数:

x についての 次導関数の式:

Integrateを使って不定積分を計算する:

不定積分を確かめる:

定積分:

アプリケーション  (5)

反復子変数の境界で使う:

累積的最大値:

プロットされた曲線の最高点を求める:

無作為に折った棒の長さの割合の平均:

R関数に基づいたソリッドモデリング:

特性と関係  (6)

Maxは引数がない場合は-Infinityを返す:

MaxFlatでありOrderlessである:

PiecewiseExpandを使ってMaxMinを明示的なケースとして表す:

FullSimplifyを用いてMax式を簡約する:

Maxを含む関数を最大にする:

Maxは微分することができる:

考えられる問題  (2)

Maxは,Listableであるというよりも,リストを平坦化する:

引数が1つの型は任意の引数について評価する:

おもしろい例題  (2)

二次元のサブレベル集合:

三次元のサブレベル集合:

Wolfram Research (1988), Max, Wolfram言語関数, https://reference.wolfram.com/language/ref/Max.html (2021年に更新).

テキスト

Wolfram Research (1988), Max, Wolfram言語関数, https://reference.wolfram.com/language/ref/Max.html (2021年に更新).

CMS

Wolfram Language. 1988. "Max." Wolfram Language & System Documentation Center. Wolfram Research. Last Modified 2021. https://reference.wolfram.com/language/ref/Max.html.

APA

Wolfram Language. (1988). Max. Wolfram Language & System Documentation Center. Retrieved from https://reference.wolfram.com/language/ref/Max.html

BibTeX

@misc{reference.wolfram_2024_max, author="Wolfram Research", title="{Max}", year="2021", howpublished="\url{https://reference.wolfram.com/language/ref/Max.html}", note=[Accessed: 22-June-2024 ]}

BibLaTeX

@online{reference.wolfram_2024_max, organization={Wolfram Research}, title={Max}, year={2021}, url={https://reference.wolfram.com/language/ref/Max.html}, note=[Accessed: 22-June-2024 ]}